襲い掛かる猛暑に備えよう|夏バテはクエン酸やアミノ酸で予防が可能

ウーロン茶も効果的

お茶

飲み物を変えてみる

便秘解消方法としてまず思いつくのがハーブであったり、便秘薬だと思います。しかしある種のお茶でも便秘解消に効果があります。トクホ表示で脂肪の吸収を抑えると書かれているお茶がそれに当たります。脂肪の吸収を抑えるためには脂肪を分解するか、吸収を阻害する必要があります。特に便秘解消にいいのは吸収阻害タイプです。トクホ表示されていないお茶でも脂肪の吸収を抑えるものがあります。ウーロン茶やさんぴんちゃ、老茶などが有名です。脂肪の吸収を抑えるためには脂肪を取り込む必要があります。吸収阻害された脂肪は潤滑油として排便を促し、便秘解消に繋がります。最近では便秘薬の1種としてこの作用を利用した商品もドラックストアで簡単に購入できます。

飲むタイミング

ウーロン茶などの脂肪を抑えるお茶は食前食後が効果的です。空腹時には脂肪を摂取していないため、ただのお茶になります。普段の飲み水をウーロン茶などに変えることによりいつ何を食べても、脂肪吸収が抑えられるためダイエットにも効果的です。ウーロン茶はトクホ表示されている商品、あるいは黒ウーロン茶でなくとも十分効果が期待できます。健康食品として売られている水出しのパックを用いることも経済的です。麦茶を沸かす家庭であれば、使っているお茶を変えるだけなのでほとんどお金がかかりません。よって続けやすいです。お茶による便秘解消は市販の薬を用いるより安全性が高く、赤ちゃんから行うことができるため家族みんなで健康維持できます。